映画 プラチナデータ

映画 プラチナデータ

あらすじ

舞台は近未来の日本。国民全員のDNAデータ”プラチナデータ”を国が管理することにより、冤罪がゼロの世の中になっていました。主人公、神楽龍平(二宮和也)はそんなプラチナデータにより数々の難事件を解決している専門家です。 しかし、次々と起こる猟奇殺人事件の犯人のDNAはプラチナデータに無い”NF13”と呼ばれるものでした。

 

そんな中、数学者・蓼科早樹(水原希子)とその兄が殺害されるという事件が起こります。DNA捜査を開発した早樹は自閉症で、水上利江子(鈴木保奈美)が勤務する大学病院にこもっていました。しかしその殺害現場で検収された犯人のDNAは、なんと神楽のものと一致してしまうのです。身に覚えのない神楽は同僚の理沙(杏)の手を借りて逃走します。

 

実は早樹は”モーグル”という、今までの捜査の欠点を補うシステムが開発されたことを知るアメリカのスパイだったのです。理沙は”モーグル”について調べていたため、神楽に協力したのでした。

神楽を追いかけるのは刑事、浅間(豊川悦司)。神楽について調べていくうちに、彼には”リュウ”という別の人格が備わっていることが分かります。そんな中理沙は殺されてしまいます。浅間は神楽が犯人ではないとにらみ、協力して捜査に当たることになります。

 

実は神楽の別人格の”リュウ”は早樹と恋人同士でした。恋人を殺すわけがないとリュウを容疑者から外した2人は、モーグルの真相の行き着きます。モーグルとは”NF13”を無くすためのシステムでした。政治家など権力者たちを”NF13”とする事で、彼らの立場を守っていたのです。

 

モーグルを使って2人は早樹を殺した犯人を特定します。それは大学病院に勤める水上利江子でした。彼女は完全な遺伝子を作る研究をしており、猟奇事件の犯人であることを早樹に知られたため殺害したのでした。

 

人格がリュウになった神楽は銃を突きつけてきた水上を返り討ちにします。その後の取り調べで浅間は「本当の人格は龍平ではなく、リュウの方だ」と神楽に告げるのでした。

感想

どうもmikikkoです。

映画「プラチナデータ」、原作は東野圭吾さんです。

結構、頭を使う映画ですね。難しい(;´∀`)頭のいい人は、何を考え出すか私には未知です(笑)内容はすごく面白いです。犯人は誰なのか?なぜ、神楽のDNAと犯人の物が一致したのか?

この映画を一回見ただけでは理解できませんでした。何回か見ると、こういう事だったのかと納得できます。そういった面でもじっくり見ていくと面白いです。

二宮和也さんの二役にも注目です。全然違うタイプの人をみごとに演じていると思います。

原作とは少し違いますが、読んで見てみるのもいいかもしれません!(^^)ぜひ、見てみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映画・ミュージカルカテゴリの最新記事