【WordPress】LION MEDIAカスタマイズ! 子テーマの活用

【WordPress】LION MEDIAカスタマイズ! 子テーマの活用

WordPressは好きなテーマを選んで運営されていることでしょう。

しかし、WordPressのテーマもバージョンアップされます。LION MEDIAのテーマも2017年10月27日にリリースされて4ヶ月の2018年2月15日にはバージョン2.0.0になりました。

このようにWordPressのテーマがバージョンアップされると、折角、カスタマイズしていたCSS設定もやり直しになります。

親テーマがバージョンアップされても、CSSでカスタマイズした設定をそのまま引き継げるように子テーマを使います。

なんと、LION MEDIAやLION BLOGには「子テーマ」も配布されていますので、子テーマの活用方法をご紹介致します。

http://fit-jp.com/theme/theme_download/  こちらのサイトからダウンロードできます。


 

 

LION MEDIAの子テーマの活用

 

今回のように、親のテーマがバージョンアップされた場合でも、設定をそのまま引き継げるように子テーマを活用しましょう。

今回は、LION MEDIAの子テーマを活用する方法を解説します。

 

子テーマを有効化する

 

手順1:テーマ設定へ行く

WordPressのダッシュボードから「外観」→「テーマ」を選択する。

LION MEDIAカスタマイズ 子テーマ

 

手順2:Childを有効にする

LION MEDIAの「Child」を有効にする。有効にすると、上記のようにChildが有効になります。

LION MEDIAカスタマイズ! 子テーマの活用

 

手順3:テーマの編集をクリック

WordPressのダッシュボードから「外観」→「テーマの編集」を選択する。

LION MEDIAカスタマイズ! 子テーマの活用

 

手順4:LION MEDIA Childを選択

編集するテーマを選択から「LION MEDIA Child」を選んで「選択」をクリック。

LION MEDIAカスタマイズ! 子テーマの活用

 

手順5:style.cssをクリック

LION MEDIA Childになったら、スタイルシート(style.css)を選択する。

LION MEDIAカスタマイズ! 子テーマの活用

 

LION MEDIAの子テーマに何も設定していなければ、上記のようにカスタマイズエリアは空白の状態と思います。

このユーザーカスタマイズエリアの下に追加していきます。

 

見出し2と見出し3のCSSを追加

以下のような「見出し2」と「見出し3」を設定してみます。

 

LION MEDIA Childのスタイルシート(style.css)に上記のCSSを追加して下さい。(子テーマに追加です)

コピーして貼り付けるだけです

追加したら「ファイルを更新」を行う。

 

「投稿」→「新規追加」で、段落を「見出し2」「見出し3」で試してみて下さい。

他の見出しのデザインは以下で紹介しています。

 

CSSが反映されない場合

 

CSSを子テーマに追加したのに反映されない場合があります。

その場合は、ブラウザのキャッシュが問題かもしれません。

 

>> Google Chrome のキャッシュを削除する CSSが反映しない対策

まとめ

 

WordPressのテーマをインストールし、子テーマがあるテーマの場合は、子テーマを利用した方がバージョンアップ時に設定をやり直す必要がなくなります。

是非、子テーマを利用してみて下さい。

 

LION MEDIAのカスタマイズ連載

 

LION MEDIA カスタマイズ

カスタマイズ一覧表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LION MEDIAの魅力を紹介

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LION MEDIAカテゴリの最新記事