Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外したい(プラグイン編)

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外したい(プラグイン編)

Googleアナリティクスでアクセス解析を行っている方は、自分のアクセスを除外したいですよね。

Googleアナリティクスのフィルターで、IPアドレスによる除外もありますが、プロバイダーから「固定IPアドレス」を受けていなければ、接続の度にIPアドレスが変わってしまいます。

このように、IPアドレスが変わってもGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外した時は、プラグインを使用します。

プラグインは「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」をインストールします。

 

スポンサーリンク

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをインストール

 

「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」をインストールすると、同一のブラウザからのアクセスを除外してくれます。

一度、インストールするだけで、後は何もしなくても除外してくれます。

 

ダウンロード方法

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンへ行き、プラグインをダウンドードします。

ここでは、Google Chromeにインストールすることを前提に解説します。

 

言語を選択して「Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード」をクリックする。

 

「CHROMEに追加」をクリックする。

 

「拡張機能を追加」をクリックする。

これでダウンロードとインストールが完了です。

 

インストールが完了すると、ブラウザ「Google Chrome」の右上に上記のアイコンが表示され、クリックすると「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」がインストールされていることが確認できます。

 

自分のアクセスを除外できたか確認

 

それでは、Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外できたか確認してみましょう。

1.自分のサイトにアクセスしてみます。

2.Googleアナリティクスのリアルタイムで確認

 

Googleアナリティクスの「リアルタイム」→「概要」をクリック。

 

自分のサイトにアクセスしたけど、「0人」だったらGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外できたことになります。

ただ、訪問者が多いサイトでは「0人」になることはないですね(^^;

「地域」などで自分の住んでいるところと同じ地域からのアクセスなのか等を確認下さい。

 

関連記事

>> IPアドレスで除外したい方はこちらを参考にして下さい。

 

プラグインでアクセスを除外するメリット

 

IPアドレスで除外する方法もありますが、プロバイダーから固定IPアドレスを受けていないと接続のたびにIPアドレスが変わります。

変わる度にアナリティクスで設定するのは手間がかかりますので、その場合にプラグイン「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」で除外します。

「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」は簡単にインストールでき設定も特にする必要がありません。

一度、インストールすると後は何もすることもなく自分のアクセスを除外してくれますので簡単です。

 

プラグインでアクセスを除外するデメリット

 

複数のブラウザを使用する場合は、それぞれのブラウザにインストールする必要があります。

また、スマホやタブレットは除外できません。

社内で、多くの社員で使用される場合も、それぞれの社員のブラウザにインストールする必要があります。

 

まとめ

 

Googleアナリティクスでアクセス解析を行っている場合は、自分のアクセスを除外することをお薦めします。

除外する方法はいくつかありますが、今回は「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」というプラグインで自分のアクセスを除外する方法をご紹介しました。

IPアドレスで除外されたい場合は、以下を参考にして下さい。

関連記事

>> IPアドレスで除外したい方はこちらを参考にして下さい。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アクセス解析カテゴリの最新記事