【WordPress】ユーザーの管理と5つの権限を理解しよう

【WordPress】ユーザーの管理と5つの権限を理解しよう

WordPressを管理(投稿や編集)するにはユーザーの管理が必要で、ユーザー登録を行います。

しかし、ユーザーの権限をよく理解してユーザー登録・管理を行わないと、誰でもWordPress全体を操作できたり、勝手にユーザーを作られたりWordPressの危機に陥ります。

そこで、ユーザー管理の方法と権限について解説します。

 

ユーザーの権限

ユーザーには、5つの権限の中から必要に応じていずれかの権限を与えます。

この記事を読まれている大半の方は、全ての管理や操作をできる「管理者」の方ではないかと思います。

管理者の方は、ユーザーの管理方法を正しく覚えてユーザーの管理を行って下さい。

ユーザー権限の一覧

 

WordPressユーザー権限一覧表

WordPress権限の早見表

このようにWordPressのユーザーは5つの権限に分かれており、用途に合わせて権限を与えられます。

権限の使用例

一人で全て管理するのであれば特に気にする必要はないのですが、複数人が役割分担して作業する場合は権限を与えて管理していきましょう。また、会員制のページを作る場合にも権限が有効になってきます。

 

寄稿者:アイディアを出す人や勝手に投稿されたくない人

投稿者:記事だけを書く人。他の人の記事は編集まで任せられない

編集者:他の人の記事も編集したり、カテゴリー、コメント関係などコンテンツの管理を任せる人

管理者:テーマ関係のデザインや設計、設定まで任せる人

購読者:会員制ページへの入室者など

 

複数人で管理する場合は、担当者に見合った権限を与えて効率的に管理していきましょう。

 

ユーザーの作成

WordPressのダッシュボードから「ユーザー」→「新規追加」へ進みます。

 

ユーザー名とメールアドレスは必須項目です。

ユーザーが多い場合や会社使う場合は、名や性を書いておくと管理が楽です。

ユーザーに通知を送信にチェックを入れておくと、登録したメールアドレスにパスワードを変更するURLが送られてきます

 

登録したメールアドレスに上記のようなメールが送られてきますので、URLが書かれた部分をクリックします。

 

ブラウザで上記の画面になり、デフォルトのパスワードが表示されています。

新しく設定したいパスワードに変更して「パスワードをリセット」をクリックします。

これでパスワードの設定は完了です。

設定したパスワードは忘れないようにメモしておきましょう。

 

さぁ、いよいよWordPressにログインできます。

先ほど、新しく設定したパスワードでログインしましょう。

ユーザー名とパスワードでログインします。これで、WordPressのユーザー登録が完了します。

 

まとめ

WordPressを一人で管理するにはユーザーの登録は覚えなくても問題ありませんが、複数で管理する場合は、ユーザー登録が必要です。

同じユーザー名を共有したりするとWordPressが危険にさらされてしまいます。

担当者に適した権限を与え、安全にWordPressの運営をしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

WordPressカテゴリの最新記事