LION MEDIAをカスタマイズしてWordPressブログの更新日時を表示させる

LION MEDIAをカスタマイズしてWordPressブログの更新日時を表示させる

WordPressのテーマ「LION MEDIA(ライオンメディア)」にも「LION BLOG(ライオンブログ)」もブログの更新日時が表示されません。

今回は、WordPressをカスタマイズしてブログの更新日時を表示させる方法を開設していきます。

ブログの更新日時が必要な理由

僕もそうなのですが、何かの情報を探す時に公開日時や、更新日時は気にしますよね?

極端な例ですが、レンタルサーバーの各社の価格を比較してるサイトはないかな?と探す時に「レンタルサーバーの価格を徹底比較」というサイトを見つけたとします。

しかし、公開日時が5年前で、更新日時が不明だったらどうでしょうか?

5年も経過していたら、今の世の中価格なんて変動しているに決まっています。情報が古すぎて読む気にならないでしょう。

やはり、誰しも最新情報が欲しいものです。

何年も前に公開した記事でも、ちゃんと更新していればユーザーは訪問してくれます。

そこで、いつ更新されたのかを表示することは、ユーザビリティー面で重要です

 

Google検索エンジンにも表示される

Googleの検索エンジンで検索結果にも公開日時や更新日時が表示されます。

検索エンジンにも表示されていれば、情報の更新日時が分かり訪問者に対して親切ですよね。

ただ、Googleのスペニットに表示される日付は意図的に制御できないようです。

公開日時が表示されるか更新日時が表示されるかについては、Googleのアルゴリズムが自動的に判断しているそうです。

ブログの記事に更新日時を表示させる

ここではLION MEDIAのテーマに更新日時を表示させる方法を具体的に解説致します。

まずは、以下の表示例を見て下さい。

この図のように公開日時更新日時が表示されるようになります。

更新日時を表示させるコード

更新日時を表示させるには以下のコードをPHPファイルに記述します。

記述するPHPファイルは次に説明します。以下の3行をコピーして使って下さい。

PHPファイルの編集

更新日時を表示させるにはPHPファイルを編集します。

慣れない方は、必ずバックアップを取っておくようにして下さい

WordPressのダッシュボードから「外観」→「テーマの編集」に進みます。

 

右の方の「選択するテーマを選択」からLION MEDIAを選択して「選択」をクリックします。

僕は、LION MEDIAの小テーマを活用していますので「LION MEDIA」を再選択する必要がありますが、子テーマ「LION MEDIA Child」を使用していない方は、元から「LION MEDIA」になっていると思いますので、特に何もする必要はありません。

 

次にPHPのファイルを「個別投稿」の「single.php」をクリックします。

更新日時を追加するには「singile.php」を編集します。

 

single.phpファイルに追記するのですが、3~5行目が追加した部分になります。

 

この公開日時を表示させる行の後に「更新日時」を表示させるためのPHPを3行を追加します。

the_time=公開日時

the_modified_date=更新日時

どうですか?PHPの編集といっても凄く簡単にできたでしょう?

 

注意

この更新日時を表示させるPHPソースを追加しても更新日時が表示されない!という方は、ブログの記事自体を更新していないからです。

ブログを更新していれば、正常に更新日時が表示されます。

 

更新日のアイコンを変更する

更新日をアイコンをカレンダーではなく、別のものに変更してみます。

「IcoMoon」のフォントを追加する場合は、以下を参考にして下さい。

 

今回は「loop2」アイコンに変更してみます。

 

まとめ

ユーザーにとって、更新日時は大事な要素になります。古い記事は見たくないですからね。

僕も最新の情報が欲しいと思うので、ユーザーのために更新日時を表示させることは親切ですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

WordPressカテゴリの最新記事