映画こどもつかい(ホラー)

映画こどもつかい(ホラー)

解説

『呪怨』シリーズなどの清水崇監督がメガホンを取った、オリジナルストーリーによるホラー。謎めいた男“こどもつかい”によって子供がさらわれ、やがて帰ってきた子供と会った大人が3日後に亡くなるという怪事件を描く。子供の霊を操り大人に呪いをかけるこどもつかいを、映画初主演の滝沢秀明が熱演。連続不審死事件を追う新聞記者に Hey! Say! JUMP の有岡大貴、その恋人を『愛の渦』『二重生活』などの門脇麦が演じる。

あらすじ

郊外の街で子供たちが姿を消し、さらに帰ってきた子供に遭遇した大人は、3日後に謎の死を遂げるという事件が発生。新聞記者の江崎駿也(有岡大貴)は事件について調査し始める。一方、彼の恋人で保育所勤務の原田尚美(門脇麦)は、ある日母親が迎えに来なかった男の子を預かるが、そこへこどもつかい(滝沢秀明)が近づき……。

感想

いや~怖いです(^^;)さすがですね。なんといっても映像、音が怖い。清水監督作品ということで、呪怨感満載といった感じです。

話の内容としては、親の子どもへの虐待。変な大人(子どもにわいせつな事をする、いわゆる変態ですね)そういう人から被害を受けた子どもたちを、こどもつかい(滝沢秀明)が操り復讐していくのですが・・・。

虐待をしてしまう、自分の欲求を満たしたい。そういう行動には、ストレスが多い現代、親からの愛情不足、育った環境など原因は色々とあると思いますが、この映画を見るまでは復讐にやってくる子どもが怖いといった印象でしたが、そうしてしまった大人が一番怖い。そう感じました。無くすためには?と考えましたが自分が変わるしかない。相手が笑顔だと自然と笑顔になりませんか?だから自分が笑うのです。

少し話がそれましたが、昔からあるこの問題を深く考えさせられる映画だと思いました。ホラーは苦手と言う方もいらっしゃると思いますが、タッキー(滝沢秀明)のビジュアルにより、ファンタジー感もあります。視点を変えてみると、ホラーですが案外怖くないです。

操られている子どもはやっぱりとしおくんを思い出してしまいますが・・・(;’∀’)是非、見てみてください(^▽^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映画・ミュージカルカテゴリの最新記事