WordPressのブログをSSL化~過去の記事を一括でhttpsに変更するプラグインSearch Regex~

WordPressのブログをSSL化~過去の記事を一括でhttpsに変更するプラグインSearch Regex~

WordPressのブログをSSL化したけど、過去の記事が「http」のままです。

過去の記事を手作業で行うのは大変なので一括で「https」にするプラグイン(Search Regex)を紹介いたします。

SSL化(https://~)の方法は以下の記事を参考にして下さい。

 

正常にSSL化されたらブラウザのアドレスバーには以下のように表示されます。

  •  SSL化されているサイト

 

SSL化されない原因を調査

SSL化されていないとブラウザのアドレスバーには以下のように表示されます。

ビックリマークが表示されてしまいます。「保護された通信」になりません。

過去に書いた記事の中に「http://」になっていませんか?

ブラウザの検証で確認

Google Chromeの場合、ブラウザ上で右クリックして検証をクリックします。

Google Chromeの場合は、検証を行うことでエラー部分を確認できます。

「http:」の部分があるのか、またある場合はどこにあるのかを調べられます。

 

検証をクリックすると右の方に上記のような画面がでてきます。

「▲2」とビックリマークが付いている場合は、何かエラーがあります

Console」をクリックして中身を確認しましょう。

Mixed Content」が表示されていたら「混合コンテンツがある」という意味です。

 

混合コンテンツとは、HTTPS のページに HTTPのコンテンツがあるということになります

 

「Mixed Content」と表示されている内容を確認すると、http:から始まるコンテンツが含まていますね。

このようにSSL化しても、過去に書いた記事はhttp:のままになっていますので、全てhttps:に変更する必要があります。

しかし、全ての記事を編集するのは大変なので、プラグイン「Search Regex」を使用します

プラグイン「Search Regex」をインストール

プラグインのインストールは簡単にできますので、以下の方法でインストールして下さい。

WordPressのダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」へ進みます。

 

キーワードに「Search Regex」を入力します。

 

「Search Regex」が検索されますので「今すぐインストール」をクリックします。

 

インストールが完了したら「有効化」をクリックします。

プラグイン「Search Regex」の使い方

ここでは、過去の記事内に「http:」となっている部分を「https:」に変更する手順について書いていきます。

WordPressのダッシュボードから「ツール」→「Search Regex」をクリックして進みます。

検索・置換の方法

① Source

どの部分の内容について検索や置換を行うかの設定です。

デフォルトでは「Post content」になっていますので、記事の本文に対して検索や置換を行います。

  •  Comment author : コメントの名前
  •  Comment author email : コメントのメールアドレス
  •  Comment author URL : コメントのURL
  •  Comment content : コメントの内容
  •  Post content : 記事の本文
  •  Post excerpt : 記事の抜粋
  •  Post meta value : 記事のカスタムフィールド
  •  Post title : 記事のタイトル
  •  Post URL : 記事のURL

 

② Limit to

一度に置換する上限値を設定します。デフォルトでは「No limit」ですので、上限の設定はありません。

置換する上限を設定したい場合は、以下から選択します。

  •  No limit
  •  10
  •  25
  •  50
  •  100

 

③ Order By

「Order By」は、ソート順を設定します。デフォルトでは「Ascending」になっていますので昇順でのソート(並び替え)になります。

  •  Ascending : 昇順
  •  Descending : 降順

 

④ Search pattern

検索する文字列を入力します。

過去の記事内の「http:」を検索する場合は「http:」を入力します。

 

⑤ Replace pattern

置換する文字列を入力します。

過去の記事内の「http:」を「htts:」に置換したい場合は「https:」と入力します。

 

○置換する前の文字列

http://mutakko.info/wp-content/uploads/2018/04/h-399.png

○置換後の文字列

https://mutakko.info/wp-content/uploads/2018/04/h-399.png

 

注意

http://aaabbb.com/ この文字列も https://aaabbb.com/ に置換されます。

ご自分のドメインに対してのみ置換したいので

Search pattern:http://mutakko.info/

Replace pattern:https://mutakko.info/

このようにドメインまで含めて検索と置換を行ったほうがよいでしょう。

 

⑥ Replace

「Replace」ボタンを押すと、置換前の文字列置換後の文字列が表示されます。まだ、この時点では置換は実行されず、確認だけです。

置換後の文字列が正しく置換されるか確認します。

 

⑦ Replace&Save

「Replace&Save」ボタンを押すと実際に置換されます。

一瞬で置換されますので、手作業の必要がありません。すごく簡単です。

 

一気に置換されますので、実行前には必ずバックアップを取っておくことをお薦めします。

 

まとめ

これで「混合コンテンツ」は解消され、完全にSSL化を実行できたことになります。

みなさんのサイト(ブログ)のSSL化を早急に進めて下さい。

SSL化後にGoogleアナリティクスの設定~必須の設定変更~

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

セキュリティーカテゴリの最新記事