SSL化後に.htaccessでhttpからhttpsへ301リダイレクトの設定

SSL化後に.htaccessでhttpからhttpsへ301リダイレクトの設定

常時SSL化を行ったあとにhttpでアクセスされてもhttpsへ繋がるようにリダイレクトします。

恒久的にURLが変更するため、301リダイレクトを使用します。その301リダイレクトを.htaccessに記述する方法を解説します。

SSL化する方法は以下を参考にして下さい。

 

301リダイレクトを使用した方がいい理由

リダイレクトには「301リダイレクト」と「302リダイレクト」がありますが、301リダイレクトを使用して下さい。

それは、302リダイレクトは一時的な転送という意味になり、検索エンジンなどに転送前に持っていた被リンクの評価が引き継がれません

長年、検索エンジン等に評価を得ていたものが引き継がれないので一からので出直しになります。

一方、301リダイレクトは、転送前の検索エンジンの評価を新しいURLにそのまま引き継ぐことができるのです

だから、SSL化した後は301リダイレクトを行います。

301リダイレクトの方法

ロリポップ!サーバー  を利用している方は、以下のように「.htaccess」に記述します。

ロリポップ!サーバーは、Apacheサーバーであり「.htaccess」と「mod_Rewrite」が使えますので、以下の方法でそのまま使用できます。

.htaccessの記述

「.htaccess」に以下を記述して下さい。

WordPressを利用している方は、WordPressが自動で作った記述があります。

そのWordPressが作った記述の上に挿入します。

全体の記述は以下になります。

# BEGIN WordPressの上に書いて下さい

.htaccessへの記述方法

 

 ロリポップ!サーバーのFTPで行う

まずは、ロリポップ!のユーザー専用ページにアクセスして下さい。

ロリポップ!ユーザー専用ページ

ロリポップ!のドメインか、独自ドメインを選択してドメインとパスワードを入力します。

 

 

ユーザー専用ページへ入ったら「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FTP」へ進みます。

 

FTP接続ができたらWordPressをインストールしているディレクトリをクリックします。

僕の場合は「mutakko」ディレクトリになります。

 

あなたのディレクトリの中に「.htaccess」がありますのでクリックして下さい。

 

赤枠の部分にコピペします。

最後に「保存する」をクリックして終了です。

 

 ダウンロードして記述する

FileZillaというFTPソフトを使って「.htaccess」をダウンロードして記述する方法です。

FileZillaのインストール方法は以下を参考にして下さい。

 

FileZillaのアイコンをクリックしてFileZillaを立ち上げます。

 

接続したら「.htaccess」をローカルPC側へ「ドラッグ・アンド・ドロップ」でダウンロードします。

ダウンロードした「.htaccess」をメモ帳などのエディタソフトで開きます。

赤枠の部分にコピペします。

上書き保存してサーバーにアップします。

ダウンロードとは逆に、ローカルPCからサーバー側へ「ドラッグ・アンド・ドロップ」でアップロードします。

これで、301リダイレクトの処理は完了です。

 

まとめ

SSL化しても被リンクされているURLはhttpのままですので、httpでアクセスされてもhttpsへ転送できるうように「301リダイレクト」しておきましょう

過去の記事をhttpsに一括で変更する方法は以下を参考にして下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

セキュリティーカテゴリの最新記事