ロリポップ!コンテンツキャッシュの効果を実際に試してみた結果~表示速度改善~

ロリポップ!コンテンツキャッシュの効果を実際に試してみた結果~表示速度改善~

ロリポップ!からの朗報で、コンテンツキャッシュ機能が発表されました。そこで、サイトやWordPressの表示速度を高速化することで離脱者の低減を図りたいと思います。

実際にロリポップ!でコンテンツキャッシュ機能を使って速度を検証してみました。

 

ロリポップ!のコンテンツキャッシュとは

サイトやWordPressのページ内容を、ロリポップ!のコンテンツサーバーに一時的に記録(キャッシュ)して表示速度を向上させることができます

WordPressなどは、表示の度に内容を生成するため、表示に時間がかかります。また、写真や画像を多数使っているサイトでは多くのデータを読み込むために表示するまでに時間がかかってしまいます

その表示するまでの時間を短縮してくれるのがキャッシュ、即ちコンテンツキャッシュ機能です。

一度開いたページを一時的に(一定時間)記録して、再度ページを開いた時に表示時間の高速化が図れます。


引用:ロリポップ!

コンテンツキャッシュを設定する

コンテンツキャッシュを設定するには、ユーザー専用ページ「https://user.lolipop.jp/ 」からログインして下さい。

  •  「ロリポップ!のドメイン」か「独自ドメイン」を選択
  •  ドメインの入力
  •  パスワードの入力

これでログインして下さい。

 

ユーザー専用ページに入ったら「サーバーの管理・設定」→「コンテンツキャッシュ」へ進みます。

エコノミープランをご契約の方はご利用頂けません。

  •  WPキャッシュ
  •  静的キャッシュ

どちらかを選択できます。

WPキャッシュ

WordPress向けに最適化したキャッシュ機能です。

WPキャッシュ機能利用時の注意点

以下に当てはまるコンテンツは、管理画面など、不特定多数に閲覧されるべきではないページをキャッシュし、表示するリスクがあります。WPキャッシュ機能を有効にする場合には、ご自身の責任において、動作確認などを行った上でご利用下さい。

  •  WordPress以外のCMS(EC-CUBE等)で制作されたコンテンツ
  •  WordPressで制作されたコンテンツであっても、古いバージョンや独自実装が含まれるもの
  •  その他、独自実装による動的なコンテンツ表示を行うウェブサイト

キャッシュ対象外となるページ

WPキャッシュ機能を有効にしたドメインでは、すべての拡張子のファイルがキャッシュされますが、以下に当てはまる場合はセキュリティの観点からキャッシュしません。

URLに以下の文字列が存在する場合

  •  wp-admin
  •  wp-login.php

Cookieに以下の文字列が存在する場合

  •  wordpress_
     ※ただし、 wordpress_test_cookie はキャッシュする
  •  comment_author
  •  wp-postpass

 

ロリポップ!より引用

静的キャッシュ

画像やCSSなど静的なコンテンツをキャッシュします。WordPress以外を利用している方向けです。キャッシュ対象ファイルは以下の通りです。

静的キャッシュ対象ファイル

  •  css
  •  js
  •  ico
  •  jpg
  •  jpeg
  •  png
  •  gif

上記以外のファイルはキャッシュされません。また、上記ファイルに該当するものであっても、アクセスの際にファイル名の末尾にパラメータがついているとキャッシュしません。

ロリポップ!より引用

WPコンテンツキャッシュ設定

コンテンツキャッシュを設定したいドメインで「WP」か「静的」を選択する。

WPコンテンツキャッシュに設定した後

キャッシュが有効になるまでには最大5分かかります。

まとめ

ロリポップ!サーバーの方限定にはなりますが、コンテンツキャッシュを使うことで表示速度が改善されます。

離脱率を低減させるためにも表示速度には意識して改善していくことが必要かと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

WordPressカテゴリの最新記事