映画「ちはやふる 上の句」あらすじ/感想

映画「ちはやふる 上の句」あらすじ/感想

作品紹介

2016年3月19日公開の日本映画。末次由紀の人気コミックを広瀬すず・主演で、2部作として映画化した青春ドラマの前編。競技かるたを通じて絆を深めていく高校生たちの熱い思いが描かれています。

キャスト

綾瀬千早(広瀬すず)、真島太一(野村周平)、綿谷新(新田真剣佑)、大江奏(上白石萌音)、西田優征(矢本悠馬)、駒野勉(森永悠希)、須藤暁人(清水尋也)、若宮詩暢(松岡茉優)、宮内妙子(松田美由紀)、原田秀雄(國村隼)、木梨浩(坂口涼太郎)

監督

小泉徳宏

あらすじ

小学時代に仲良しだった太一(野村周平)、千早(広瀬すず)、新(新田真剣佑)の3人は、離れていてもかるたを続けていれば必ず会えると約束していた。高校に入り、千早はかるた部を立ち上げ、太一も加わった。新は祖父の看病の為、福井にいる。部員5人が揃い、競技かるたを練習する。 東京都大会、苦戦しつつも瑞沢高校は優勝を果たす。全国大会で会おうと新に電話すると、返ってきた答えは「もうかるたはやらん」だった。

感想

どうもmikikkoです(^.^)

映画「ちはやふる」地上波で放送がありましたね。すごく感動しました。THE・青春です。競技カルタを通じて仲間との絆や、家族への思い、恋心など胸がキューンとなる作品だと思います。

競技カルタをまじまじと見たことが無かったので、びっくりでした。最初のシーンで男子の団体がカルタ部を見学に来ていましたが、その迫力に逃げ出してましたよね。そんな感じでちょっとショック感がありました。競技と付くだけありますね。同時にすごくカッコいいと思いました。

部員の、つくえ君、かなちゃんは未経験者ですが。なんといってもつくえ君の葛藤に涙しました。すごく気持ちがわかる(´;ω;`)本当に後ろ向きになっちゃいますよね。でも、それを乗り越える姿。号泣です。

全国大会を決める、決勝で太一が運命戦に・・。ことごとく、運がない太一でしたが新の言葉を思い出し運命戦に勝利します。勝利を新に報告し全国大会で会おうといいますが、「カルタはもうやらない」という言葉が・・。ここで上の句は終わります。

素人の素朴な疑問なのですが、札を払った瞬間、他の札も飛んでっちゃいますよね?ちゃんとその人が読まれた札を取ったと分かるのでしょうか?それがすごく気になりました(笑)ぜひ、この疑問をどなたか教えて下さい<(_ _)>

次回は下の句の感想を書きたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映画・ミュージカルカテゴリの最新記事