映画「ちはやふる 下の句」あらすじ/感想

映画「ちはやふる  下の句」あらすじ/感想

作品紹介

広瀬すず主演で末次由紀の大ヒットコミックを実写映画化した「ちはやふる」2部作の後編。主人公・綾瀬千早と幼なじみの真島太一、綿谷新の3人を中心に、それぞれの思いを胸に競技かるたに打ち込み、全国大会を目指す高校生たちの青春を描く。キャストには、千早役の広瀬のほか、太一役に野村周平、新役に真剣佑とフレッシュな若手が集結。千早や太一と同じ瑞沢高校競技かるた部の仲間で、上白石萌音、森永悠希、矢本悠馬、競技かるた界の強豪で清水尋也、松岡茉優らが共演している。監督・脚本は「タイヨウのうた」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の小泉徳宏。

あらすじ

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、思わぬ新の告白「俺、かるたはもうやらん・・・」。 ショックを受ける千早だが、全国大会へ向けて仲間たちと懸命に練習に励む。そんな中、千早は、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。全国大会の個人戦でクイーンと対決する可能性がある。詩暢に勝てばもう一度新とかるたを出来るかもしれない…!「クイーンに勝ちたい。」千早の気持ちは次第にクイーンにとらわれ、“競技かるた部”の仲間たちから離れていってしまう。そして、そんな千早の目を覚まさせようとする太一。千早、太一、新の気持ちが少しずつバラバラになっていく・・・。 果たして、全国大会の行方は?

感想

上の句の終わり、新の「もう、かるたはやらん…」この言葉で、おじいさんが亡くなったのが分かりますよね。でも、新にはかるたを続けて欲しいと思いながら見てました。新がかるたを取る姿は上の句で1人で練習しているシ-ンしかないですよね。本気のを、見たいと思いました。

かるた部の、みんなの気持ちが離れそうになった時、肉まんくん、かなちゃん、メガネくんが俺たちをもっと頼ってほしいと太一に言う場面は感動です。みんな1人ではない一緒に頑張る。この気持ちが伝わり、離れそうになっていたかるた部は、一気に絆を深めたと思います。

クイーンが、新のおじいさんの法事で登場します。まぁ、毒舌(笑) 好きです(^_^)  福井の方言もいいですよね。聞き入ってしまいます。ぶれない心。凛とした雰囲気が印象的です。そんなクイーンが千早も好きなキャラクターには女子高生な部分も見せ、そのギャップもかわいいですよね(笑)

全国大会、個人戦でクイーンと千早は対決します。クイーンの取る速さはすごい。早くてキレイに取る。そんな感じで見事です。千早は動けず、取られる一方。そんな時、新の言葉を思い出す。「かるたをしていて1番楽しかった時はいつや?」これは、新が、おじいさんから教えてもらった言葉。千早は冷静になり、かるたを楽しみ、クイーンから札を取ることができた。結果は、負けてしまいますが、千早にとって充実した1戦に。

現在、結(むすび)が公開されています。千早たちの、その後がきになるので、見に行きたいなと思ってます。そして、新のかるたを取るシ-ン是非見たい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映画・ミュージカルカテゴリの最新記事