ブラウザキャッシュで表示速度を改善する.htaccessの書き方

ブラウザキャッシュで表示速度を改善する.htaccessの書き方

サイトを運営する上で、ページの表示速度は重要な改善項目の一つです。

今回は、ブラウザキャッシュを設定してページの表示速度を改善するために「.htaccess」を使ったキャッシュの方法を解説します。

 

ブラウザキャッシュとは

ブラウザで表示したウェブページの画像やデータを一時的にコンピューターに保存する機能です。

そのため、同じページにアクセスしたときは、ネットワークからではなく、ローカルに保存されたデータを参照するため、短時間で表示できます。

キャッシュ(保存)する時間は有効期日を任意に設定することができます。

ブラウザキャッシュを設定する

ブラウザキャッシュを有効にするには「.htaccess」を設定する必要があります。

.htaccessの設定

.htacessファイルは、書き込んでサーバーにアップするだけで、サーバーを制御できてしまいます。

言いかえれば、謝った設定を行ってしまうと、深刻なトラブル(サーバーダウン)に陥ることもありますので慎重に取り扱って下さい

編集については、自己責任でお願いします。

 

.htacessを書き換える前に、バックアップを取っておくことをおすすめします。

 

お使いのサーバーからFTPソフトで「.htaccess」ファイルをダウンロードして下さい。

 

 

.htaccessは、「サイトのフォルダ」の直下にあります。

ダウンロードした「.htaccess」に以下をコピペします。

「gif」や「jpeg」などの画像ファイルは1週間に設定し、頻繁に変更しやすい「css」は1日に設定しています。

有効期限の変更

ブラウザキャッシュの有効期限の変更は以下のように行います。

  •  年 years
  •  月 months
  •  週 weeks
  •  日 days
  •  時 hours
  •  分 minutes
  •  秒 seconds

1週間を1ヶ月に変更したい場合は以下のように有効期限の変更します。

 

表示速度を確認してみる

表示速度を確認するサイトがありますので、いくつか紹介します。

 速度結果

僕のサイトでは、ブラウザキャッシュ前後で「69」→「83」に向上しました。

まとめ

検索エンジンの上位表示に影響が少ないかもしれませんが、無関係ではありません。

サイトの表示速度が遅いとユーザーの不満にも繋がり、リピートされなくなります。

サイトのコンテンツと同様に表示スピードは意識して運営をしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

WordPressカテゴリの最新記事