映画「ちはやふる ―結び―」あらすじ/感想

映画「ちはやふる ―結び―」あらすじ/感想

作品紹介

競技かるたを題材にした末次由紀の人気コミックを、広瀬すず主演で実写映画化した青春ドラマの完結編となる『ちはやふる ー結びー』。2016年に公開された『上の句』、『下の句』につづく3作目です。今回も前作に続き豪華なキャストとなっています。綾瀬千早(広瀬すず)、真島太一(野村周平)、綿谷新(新田真剣佑)、大江奏(上白石萌音)、西田優征(矢本悠馬)、駒野勉(森永悠希)、若宮詩暢(松岡茉優)、周防久志(賀来賢人)、我妻伊織(清原果那)、花野菫(優希美青)、筑波秋博(佐野勇斗)

監督・脚本:小泉徳宏

あらすじ

物語は、名人戦、クイーン戦を行っている所から始まります。

クイーン(詩暢)の相手は、千早ではなく準クイーン(伊織)。

試合の後、千早は「来年、ここで一緒にかるたしよう。」と言いますが、詩暢は「どなたさんですか?」と冷たい態度。

千早たちも高校3年となり、かるた部に新入部員を入れなければ、廃部の危機に・・。

なんとか2人入部することに。

しかし、全国大会につながる都大会に太一が来ない。太一の突然の退部に千早はショックを受ける。

そんな中、かるた名人の周防の弟子となり行動を共にする。

一方、瑞沢かるた部はつくえくん(駒野)の活躍により全国へのキップを手にする。

全国大会の行方は―。

千早はクイーンに勝つことができるのか―。

千早、太一、新の関係は・・・。

感想

どうもmikikkoです。

ちはやふる 結び。見に行ってきました。一人で(笑) 映画の中に入り込めるので結構おすすめですよ(^.^)

名人戦、クイーン戦を行っているところから、始まります。

私は、テレビで上の句、下の句を続けて見たのですが。今回、公開された結びは、前作から2年後に撮影されたということで、パンフレットに広瀬すずさんが千早になれるか不安だったと書いていました。

しかしそこはさすがプロですよね。そこには瑞沢かるた部5人がいました。新しく新入部員も入り7人となりました。新も福井でかるた部を作ります。その中に準クイーン(伊織)がいますが、新と伊織のやり取りが可愛いし面白いです。新のチームは全員がA級という事で、かなりの強敵です。

今回、太一はかるた部から離れてしまいますが、名人の周防と出会い行動と共にします。周防はかなりの変わり者??お茶目な部分もあり、甘いものが好き。ギャップがいいですよね。好きです(笑)

それぞれが、将来のことを考え。何のためにかるたをするのか。迷いや葛藤を乗り越え、全国大会・決勝で新とのチームと対戦することに・・。そこに太一が帰ってきます。きたぁーーー!!って感じで、本当に嬉しかった。物足りなさ、不安を感じていた心に光がさした、温かさが満ちた瞬間でした。

本当に感動しました(T_T) 号泣です。こんな時一人だと思いっきり泣けます(笑)

これで、映画版完結なのは悲しいですね。また、戻って来て欲しい!!

 

帰りに、ガチャガチャで可愛いものを発見! 👇

百人一首とほぼ同じ大きさの、小銭入れ(*”▽”)

ちはやが欲しくて、3回しました(*^^)v 5種類あります(‘ω’)ノ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映画・ミュージカルカテゴリの最新記事