Google の更新版「EU ユーザーの同意ポリシー」のメッセージの対処方法

Google の更新版「EU ユーザーの同意ポリシー」のメッセージの対処方法

Googleアドセンスを利用している方は、以下のメッセージが表示されたはずです。

突然表示されて驚いた方もいると思いますので、対処方法について解説いたします。

Google の更新版「EU ユーザーの同意ポリシー」にサイト運営者様が準拠できるようサポートするため、EU ユーザーの同意設定をご用意しました。

 

EU ユーザーの同意ポリシーとはなに?

「EU ユーザーの同意ポリシー」と言われても何のことか分かりませんね。

EU ユーザーの同意ポリシーに準拠する – AdSense ヘルプ

ヘルプを見ると、サイト運営者は、欧州経済領域(EEA)のユーザーに対して特定の情報を開示する必要があり、Cookie などのローカル ストレージの使用および広告のパーソナライズを目的とした個人データの収集、共有、使用についてユーザーの同意を得なさい。ということみたいです。

 

Google の更新版 EU ユーザーの同意ポリシーの下、サイト運営者様は、欧州経済領域(EEA)のユーザーに対して特定の情報を開示する必要があります。また、法律に従って、Cookie などのローカル ストレージの使用および広告のパーソナライズを目的とした個人データの収集、共有、使用についてユーザーの同意を得る必要があります。このポリシーには、EU の e プライバシー指令と一般データ保護規則(GDPR)の要件が反映されています。

サイト運営者様がこのポリシーで定められた義務を遂行できるよう、Google は欧州経済領域のユーザーに対する広告配信について以下の選択肢をご用意しています。以下で示す設定でサイト運営者様が何も変更しなければ、一般によく使用される広告技術プロバイダのグループが適用されます。

引用:AdSense ヘルプ

 

「EU ユーザーの同意ポリシー」の同意方法

「EU ユーザーの同意ポリシー」に同意を設定するには、以下の操作を行います。

表示されている「操作」をクリックします。

 

 

「パーソナライズド広告」と「パーソナライズされていない広告」どちらを選ぶ?

  •  パーソナライズド広告
  •  パーソナライズされていない広告

 

パーソナライズされていない広告

この設定を選択した場合は、欧州経済領域のすべてのユーザーに、パーソナライズされていない広告だけが表示されるようになります。

パーソナライズされていない広告は、過去のユーザーの行動ではなくコンテキスト情報に基づいて配信されます。このような広告では、Cookie は広告のパーソナライズの目的では使用されませんが、フリークエンシー キャップの設定、広告レポートの集計、詐欺や不正使用の防止の目的では使用されます。そのため、EU の e プライバシー指令の Cookie に関する条項が適用される国のユーザーから、こうした目的で Cookie を使用することについて同意を得る必要があります。

 

要するに、ユーザーの行動に基づいて、そのユーザーにあった広告ではなく、コンテキスト情報に基づいて広告が配信されるとうことです。

ですから「パーソナライズされていない広告」を選択します。

 

「パーソナライズされていない広告」を選択したら「変更を保存」をクリックして保存します。

 

まとめ

欧州経済領域からのアクセスに対しての対策です。

2018年5月25日に施行された「EU一般データ保護規則」という法律に基づきサイト運営者は対応する必要があるのです。

違法しないためにも早めの対応を行いましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アフィリエイトカテゴリの最新記事