ノートパソコン選びのポイント

ノートパソコン選びのポイント

パソコンを買おう!と思っても、どこのメーカーでどのパソコンがいいのか分からない方も多いですよね?

パソコンに詳しい方に聞いても、今はどこでもいいよ。とか、予算より高いパソコンや、聞いたことないようなメーカーを薦められた事はないですか?

パソコンに精通している方は使いこなしている分、初心者には持て余すくらいのスペックを薦められたりする事もあります。

決して悪気がある訳ではなく、精通されている方は動画を扱ったり、グラフィックを扱ったり、音楽や特殊なソフトを使うので、どうしても高スペックになってしまうのです。

高スペックに越したことはないのですが、使う用途によってそこまでのスペックは必要ないのも事実です。

それで、使用用途に合ったパソコン選びのポイントをまとめてみましたので参考にして下さい。

 

知っておきたいパソコン用語

 

CPU(シーピーユー)

中央処理装置<CPU>(central processing unit)とは、パソコンの処理速度に大きく左右される部分です。
人間で言うと頭脳にあたり、演算などに使われます。
性能が良いほど、複雑な演算や制御を早く処理してくれます。

耳にしたことはあると思いますが、主にIntel社AMD社があります。

Intel社であれば、「Core i3」「Core i5」「Core i7」があり、数値が高いほど高スペックになります。
その他に、Intel社製のCPUには「Celeron」がありますが、「Core」シリーズに比べると遅いのであまりお薦めしません。

メモリ

メモリの容量が大きいほど複数のソフトを同時に動かす事ができます。作業机のようなイメージで、作業机のスペースが広いと複数の書類を広げることができるのと同じです。
ノートパソコンを快適に動作させるには、8GBのメモリを搭載したものを選んだ方がよいでしょう。簡単な文章の作成程度であれば4GBでもいいでしょう。動画やグラフィックを扱うのであれば16GBを搭載したノートパソコンを選びましょう。

OS(オーエス)

OS(オペレーティングシステム)とは、パソコン全体を管理するシステムです。
土台のようなもので、その土台の上でソフトウェアが動いていると思って下さい。

OSには主に2種類があり、Microsoft社が提供する「Windows」とApple社が提供する「MacOS」があります。

一般ユーザーはWindowsを使う人が多く、デザイン業界や音楽業界ではMacOSを使われています。
ただ、最近はiPhoneやiPadも普及してきたこともあり、一般ユーザーもMacを使われる方も多くなってきました。

ストレージ

ストレージとは、データを保存しておく装置です。エクセルやワードで作ったデータを保存する装置になります。
ストレージには大きく分けて「HDD」と「SSD」があり、以前は「HDD(ハードディスク)」が主流でしたが、現在は「SSD(ソリッドステートドライブ)」というタイプもあり、HDDに比べると読み書きの速度が高速になります。
その分、SSDの方は価格が高くなっています。




 

価格別ノートパソコン一覧

 

3~5万円台のノートパソコン

 

HP 15-bw000 価格.com限定 フルHD非光沢搭載モデル

CPU:AMD E2-9000e/1.5GHz/2コア
メモリ:4GB
ストレージ:HDD 500GB
OS:Windows 10 Home 64bit
画面サイズ:15.6インチ

 

DELL Inspiron 11 3000

CPU:Pentium N3710(Braswell)/1.6GHz/4コア
メモリ:4GB
ストレージ:SSD 128GB
OS:Windows 10 Home 64bit
画面サイズ:11.6インチ

 

Lenovo ideapad 320

CPU:Core i3 6006U(Skylake)/2GHz/2コア
メモリ:4GB
ストレージ:HDD 1TB
OS:Windows 10 Home 64bit
画面サイズ:15.6インチ

 

6~9万円台のノートパソコン

 

Lenovo ideapad 720S

CPU:Core i5 8250U(Kaby Lake Refresh)/1.6GHz/4コア
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB
OS:Windows 10 Home 64bit
画面サイズ:13.3インチ

 

DELL Inspiron 14 7000

CPU:Core i5 8250U(Kaby Lake Refresh)/1.6GHz/4コア
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB
OS:Windows 10 Home 64bit
画面サイズ:14インチ

 

10~15万円台のノートパソコン

 

富士通 FMV LIFEBOOK AH53/B2

CPU:Core i7 7700HQ(Kaby Lake)/2.8GHz/4コア
メモリ:8GB
ストレージ:HDD 1TB
OS:Windows 10 Home 64bit
画面サイズ:15.6インチ

 

DELL Inspiron 15 7000

CPU:Core i7 7700HQ(Kaby Lake)/2.8GHz/4コア
メモリ:8GB
ストレージ:HDD 1TB / SSD 128GB
OS:Windows 10 Home 64bit
画面サイズ:15.6インチ

 

MacBook Pro

CPU:Core m3/1.2GHz/2コア
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB
OS:Mac OS
画面サイズ:12インチ

 

まとめ

 

低価格のものから、高価格のものまで色々ありますが、エクセルやワードなど文章やネット閲覧が主の目的であれば高価なノートパソコンは必要ないと思います。
ゲームや動画を扱うのであれば、高スペックの機種が必要になります。

使う用途に応じて、機種を選択していくと満足いくノートパソコンが手に入ると思います。

これからノートパソコンを購入しようと思われている方の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

パソコンカテゴリの最新記事