Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外したい(IPアドレス)

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外したい(IPアドレス)

アクセス解析を行うためにGoogleアナリティクスを導入されている方も多いかと思います。
しかし、導入してそのままの設定で使われていないでしょうか?

個人であれば、自分のサイトにアクセスして表示の確認をしたり、始めの頃は気になってアクセスしてしまいます。
また、企業であっても社員や関係者が自社のサイトにアクセスしてしまい、Googleアナリティクスで解析するデータの「大半が自社関係者だった」ということもあります。

そこで、Googleアナリティクスに自分(関係者)のアクセスを除外する設定を行いましょう。

>> プラグインで除外する場合はこちら

スポンサーリンク

Googleアナリティクスで自分のIPアドレスを除外したい

 

Googleアナリティクスで自分のIPアドレスを除外する方法を解説します。
ただ、IPアドレスには固定IPアドレスと動的(変動)IPアドレスがあります。ここで紹介するIPアドレスでの除外方法は、固定IPアドレスの方が対象になります。

 

IPアドレスを調べる

 

ご自分のIPアドレスを調べるには以下のサイトをご利用下さい。

>> IPアドレスを調査

>> 確認くん

IPv4とIPv6のアドレスが表示されたかと思います。
このIPv4アドレスを覚えておいて下さい。(メモやコピー)

 

Googleアナリティクスにフィルター設定

 

Googleアナリティクスにログインして下さい。

 

Googleアナリティクスの管理画面から「管理」へ進んで下さい。

 

全てのフィルタをクリック。

 

フィルタを追加をクリック。

 

IPアドレスで除外するため、設定は以下のように行います。

  •  フィルタ名:何でも分かる名前を付けて下さい。「自分アクセス除外」など
  •  フィルタの種類:定義済み
  •  設定項目:「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択
  •  IPアドレス:上で調べたIPアドレス (形式 xxx.xxx.xxx.xxx)
  •  ビューにフィルタを使用:「使用可能なビュー」から追加ボタンを押して「選択したビュー」に入れる

 

自分のIPアドレスを除外できたか確認

 

それでは、Googleアナリティクスで自分のIPアドレスを除外できたか確認してみましょう。

1.自分のサイトにアクセスしてみます。

2.Googleアナリティクスのリアルタイムで確認

 

Googleアナリティクスの「リアルタイム」→「概要」をクリック。

 

自分のサイトにアクセスしたけど、「0人」だったらGoogleアナリティクスで自分のIPアドレスを除外できたことになります。

ただ、訪問者が多いサイトでは「0人」になることはないですね(^^;

「地域」などで自分の住んでいるところと同じ地域からのアクセスなのか等を確認下さい。

 

>> 除外できない方はIPv6アドレスが原因かもしれません。こちらを確認して下さい。

 

まとめ

 

今回は、Googleアナリティクスで自分のIPアドレスを除外する方法を解説しました。
折角、Googleアナリティクスでアクセス解析を行っているのに、自分のアクセスをカウントされたのでは正確なデータが取れないので自分のアクセスは除外したいものですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

WordPressカテゴリの最新記事