【WordPress】HTMLサイトマップとXMLサイトマップの違いとは?SEO的に必要?

サイトマップの必要性について考えてみます。
サイトマップには、HTMLサイトマップと、XMLサイトマップの2種類があり、それぞれ役割があります。

  •  HTMLサイトマップ : ユーザーのためのサイトマップ
  •  XMLサイトマップ : 検索エンジンのためのサイトマップ

さて、この2種類のサイトマップはどのような働きをするのでしょう。

今回は、HTMLサイトマップと、XMLサイトマップの違いとWordPressに導入の仕方を紹介します。

HTMLサイトマップ

まず始めに、HTMLサイトマップとは、ユーザビリティ向上のためのサイトマップで、ユーザーが訪問された時にサイトの構成を分かりやすくルート案内するものです。
また、カテゴリー毎にリスト化された一覧表のことです。

ユーザーは、このリスト化された一覧表(サイトマップ)を見て、目的のコンテンツ(ページ)を見つけるために利用するものです。

HTMLサイトマップの必要性

ユーザビリティ向上、SEO対策としてHTMLサイトマップを作成しています。
ユーザビリティー向上においては、ユーザーの訪問時に効果を発揮しますが、SEO効果は薄れてきているようです。

なぜなら、大半のページをごく普通に検索エンジン(Googleなど)がクロール出来るからです。

一昔前までは、サイトのトップページに訪問して、そこからメニューを辿ったり、HTMLサイトマップを使って目的のメージを探していました。

しかし、今では検索エンジンでキーワードを入力すると、サイトのトップページではなく目的のページを案内してくれます。
情報を得たいページへ一発で行くことができるようになったのです。

目的の情報を得た後に、他の記事や情報を得たい場合や、迷った場合にHTMLサイトマップを利用します。ユーザビリティーには効果を発揮しますが、SEOの効果には期待できません。

現在のクローラーはHTMLサイトマップを訪問してインデックスする必要がなくなってきたのです。

だからと言って「HTMLサイトマップを設置する必要がない」と言う事ではありません。SEO対策には効果が薄れてきているというだけで、大規模なサイトや複雑なサイトには、HTMLサイトマップがあれば目的のページを見つけられますし、見つける時間が短縮できます。
即ち、離脱率の低下に繋げられるのです。実際、有名で大きなサイトを訪問した時はサイトマップを見にいきませんか?

小規模なサイトでもリンク切れや記事の整理のためにもあるに越したことはありません。

WordPressにHTMLサイトマップを導入したい方は、以下のプラグインをいれると実現できます。

参考 【WordPress】サイトマップ自動作成PS Auto Sitemapのインストールと設定

XMLサイトマップ

XMLサイトマップは、検索エンジン向けのサイトマップで、訪問者(ユーザー)が見てもよく分かりません。
SEO対策として検索エンジンにサイト情報を通知するために設置するものです。

このXMLサイトマップはSEO的に必須です。是非とも導入してください。

WordPressにXMLサイトマップを導入するには以下の記事を見てください。

参考 Google XML Sitemaps-SEO対策!XML サイトマップ作成用プラグインの導入

XMLサイトマップの必要性

前述した通り、XMLサイトマップは検索エンジン(Googleなど)にWebサイトの情報、構造を知らせるために設置します。
その時に、サイトのURLや優先度を通知してクローラーの巡回を効率化します。

XMLサイトマップを設置しなくても、その内クローラーは巡回してきますが、新着ページを巡回してくるまでには時間がかかりますので、いち早くインデックスされるためにもXMLサイトマップを設置して検索エンジン(クローラー)に通知しましょう。

SEO効果を出すには是非ともXMLサイトマップの設置をお薦めします。

WordPressでは簡単にサイトマップを設置

HTMLサイトマップもXMLサイトマップも設置する効果は分かりましたが、手作業で作るのは大変です。
そこで、WordPress(ワードプレス)をお使いの方は、自動でHTMLサイトマップXMLサイトマップを作成してくれるプラグインがありますので、ご紹介します。

参考 サイトマップ自動作成PS Auto Sitemapのインストールと設定

参考 Google XML Sitemaps-SEO対策!XML サイトマップ作成用プラグインの導入

PS Auto Sitemap」と「Google XML Sitemaps」のプラグインをインストールすることで、自動でサイトマップを作成してくれます。新しい記事を書いてもサイトマップに追加する必要がありません。
全て自動でサイトマップを更新してくれます。

まとめ

HTMLサイトマップとXMLサイトマップの役割の必要性は分かって頂けましたでしょうか。
ご不明な点があれば、お気軽にご相談下さい。

ユーザビリティー、クローラビリティーを考慮してサイトマップを作成していきましょう。

HTMLサイトマップとXMLサイトマップの違いとは?
フォローお願いします