Google Chrome のキャッシュを削除する!CSSが反映しない時の対策

CSS Google Chrome のキャッシュを削除する

Google Chromeを使っているとキャッシュに履歴が残り、そのキャッシュが原因でCSSの変更が反映されない場合があります。

そこで、Google Chromeのキャッシュを削除する方法をご紹介します。

キャッシュを削除する方法

 

設定から削除する

Google Chromeの設定から順を追って削除する方法です。

点が3つ並んだ「Google Chromeの設定」を押します。

下の方の「設定(s)」へ行く。

Google Chrome のキャッシュを削除する

 

詳細設定」へ行く

Google Chrome のキャッシュを削除する

閲覧履歴データを削除する」へ行く

Google Chrome のキャッシュを削除する

 

削除するキャッシュを選択します。

Google Chrome のキャッシュを削除する

 

  •  閲覧履歴
  •  ダウンロード履歴
  •  キャッシュされた画像をファイル

を選択して「データを消去」をクリック

一発で設定画面に行く方法

Google Chrome操作中にCtrlShiftDel を押すと、一発で消去画面に行きます。

(Macの場合はShiftDel

 

スーパーリロード

Google Chromeでキャッシュを無視して(キャッシュを使わずに)リロードしてくれます。

Windowsの場合

ShiftF5

 

Macの場合

ShiftR

最新の状態を確認したいときは、手軽にスーパーリロードを試してください。

まとめ

Google ChromeでCSSを変更したのに反映されない場合にご利用下さい。

参考 おしゃれな見出し用CSSデザイン集!WordPressブログにコピペするだけ!

Google Chrome のキャッシュを削除する
フォローお願いします