タバコを禁煙するには今がチャンス!!3日我慢すると離脱症状が緩和

今回は、生活系カテゴリーで「禁煙」について取り上げたいと思います。

これは、実際に僕が実践した体験だとして記録します。

禁煙を考えている方はおられるならば、僕は今がチャンスだと思っています。これから、なぜ、今がチャンスなのかと、実際に僕が行った方法を紹介します。

禁煙のきっかけ

僕が禁煙をしようと思ったきっかけは何か?

それは、単純なことがきっかけでした。

ある金曜日に会社にタバコを持っていくのを忘れてしまったのです。

会社についてタバコがないことに気付いたのですが、僕の会社は一度入門すると外出ができません。

だから、外に買いに行くことができないため、どうしても吸いたければ、誰かに貰うしかないのです。

また、僕の会社はコロナ感染の予防策として、マスクを外す喫煙所は1人ずつしか入室できない規則で、誰かに貰うにもタイミングが合わず、ズルズルと時間が経過していったのです。

結局、今まで30〜40本/日吸っていた僕が、この日は3本貰って吸っただけでした!

少し前から、タバコって何の特があるんだろう?と考えていたこともあり、もしかして、禁煙できるるんじゃない???と思ったのです。これがきっかけでした。

禁煙宣言

自宅に帰って、改めて今日を振り返りました。

今まで、1日に40本近く吸っていたのに、今日は3本だ。このまま吸わずに我慢してみようか?

もう少し我慢してみて、行けそうだったらみんなに公表しようかな?と色々考えていました。

考えていると、ついつい手がタバコに行き、これを最後に禁煙を開始しよう。吸い終わった後に、やはりタバコも捨てて、みんなに宣言して後戻りできない環境にしなければ意思に負けてしまう。と思ったのです。

それで、みんなに「禁煙宣言」をしました。

禁煙・吸いたい気持ちとの戦い

禁煙を開始すると「離脱症状」が必ず訪れます。僕は、この離脱症状を以下のように乗り切りました。

まずは、禁煙開始からの症状を説明して、次に対策を書いていこうと思います。

禁煙1日目(金曜)

経験したことがある方は分かると思いますが、禁煙開始をして15分〜20分で、すでに吸いたい気持ちになってきます。ここで吸ってしまったら、終わりですね。グッと我慢しましょう。

しかも、吸いたい気持ちは3分位でおさまります。その3分をなんとか何かで紛らわせるのです。僕は、ペットボトルの冷たい水を飲んで紛らわしていました。水はかなりの効果がありました。

起きていると吸いたくなるので、もう寝ることにしました。(寝ている時間は吸いたくて起きることはありませんからね)

禁煙2日目(土曜)

朝起きて、休日です。

タバコを吸っていたことで増加していた血液中の一酸化炭素が正常に戻り始める頃です。

1日経過した、この時期から離脱症状がもっとも辛くなってきます。

朝ごはんを食べると、吸いたい気持ちがピークになりませんか?

ここでも、僕は冷たい水を飲んで、すぐに歯磨きをしました

起きていると吸いたくなってしまうので、ひたすら寝て過ごしました。

禁煙3日目(日曜)

タバコによって失われていた味覚が正常に戻ってくるようです。

ご飯が今まで以上に美味しく感じられます。ついつい食べ過ぎてしまいますけどね。

離脱症状もまだまだ辛い時期が続きます。でも、ここを我慢ですよ。折角、2日間我慢できたのですから、あと1日我慢してみましょう

僕は、相変わらず冷たい水を結構飲んで寝て過ごしました。Apple Watchの睡眠系のアプリで見ると1日の大半を寝て過ごしていおり「よくこれだけ寝れたな」と思うくらいです。

禁煙4日目(月曜 祭日)

禁煙から3日が経過しました。やりました!

3日経つと、体内からニコチンが完全に抜けると言われています。即ち、離脱症状もここから緩和されていきます。

僕の場合は、3日後は急激に離脱症状が緩和され、吸いたい気持ちが和らぎました

だから、1日や2日我慢できた人は、離脱症状に負けて吸ってしまう人も多いようですが、3日我慢してみてください。ほんと急激に離脱症状が緩和してきます。

禁煙3日間が勝負

ここで吸ってしまったら、また3日間今まで経験した離脱症状の辛い思いを最初から味わうことになるのですよ。もう辛い思いはしたくないですよね。なんとか、ここの3日間我慢してみましょう。

禁煙1週間後

急激な睡魔や睡眠不足などの症状も改善されてきます。快適な日を送れるようになってきますね。

しかし、まだ吸いたい気持ちがないわけではないので油断は禁物ですよ。

1週間も経つと、離脱症状や禁断症状的なものは無くなってきます。第一関門突破ですね。

禁煙1ヶ月後

禁煙1週間を過ぎると、1ヶ月までは結構すんなりいけました。

まだ、この時期でも吸いたい気持ちがないというと嘘になりますが、かなり軽減されています。

他のことで紛らわすと吸いたい気持ちがどっかに行ってしまいますね。

禁煙3ヶ月後

どうしてなのか、1ヶ月までの期間より、この2ヶ月〜3ヶ月の期間が、吸いたい気持ちが増したような気がします。ある意味、第二の勝負どきかもしれません。

でも、我慢できないくらい吸いたい吸いたいとはならなかったため、禁煙を継続しています。

これから禁煙をしたい人へ

僕は、禁煙の時期が良かったのかもしれません。

コロナの影響で会社の規則が改訂され、会食禁止、飲み会禁止、イベントも全て中止になりました。

お酒が入るとタバコが吸いたくなりますが、その飲み会もなければ、タバコを吸っている人を見ることもなく、誘惑がありませんでした。

仮に家族で飲食店に行ったとしても、受動喫煙で喫煙は外で吸うようになりましたね。これまた、喫煙者を見ることがないし、臭いもしません。

禁煙をする人にはもってこいの環境なのではないでしょうか。

まだ、まだ禁煙の環境にあります。今からでも僕と一緒の環境で禁煙できますよ。

禁煙へのアドバイス

禁煙は前述したとおり、体内からニコチンが抜けるのが3日必要なので、最初の3日が勝負です。その3日を乗り切ると、僕の場合、急激に離脱症状が緩和されました。その3日を乗り切る方法を紹介します。(僕の経験談)

禁煙3日を乗り切るコツ

  • 3連休を選んで禁煙開始日を設定する
  • 3連休中は寝るのみ
  • 吸いたくなったら冷たい水を飲む・歯磨きをする
  • ガムを食べる、飴をなめる
  • イライラしないように、人との接触を避ける
  • 外出をしない(自粛)

大半は寝てました。これで3日間を乗り切ったのです。たまたま、月曜が祭日の3連休だったのですが、通常の2連休だったら一番辛い3日目に仕事だったら、吸ってしまっていたかもしれません。

多少なりともタバコを吸っている人との接触があるからですね。臭いもしてきますしね。

禁煙は今がチャンス

コロナが決して良い訳ではありませんが、この時期は、できるだけ3蜜を避けたいところです。

まだまだ、会社では出張、会食、飲み会、イベントが禁止されている企業も多くあります。飲み会がなければ吸ってしまうリスクもかなり低減されるんですよね。

逆に言えば、禁煙開始半年は、お酒の席に参加しないようにした方がいいでしょう。極力、避けてください。

正月休みやゴールデンウィーク、シルバーウィーク、盆休みのような長期休みの間に禁煙を開始してもいいかもしれませんね。

吸いたくなったらこれを実行

吸いたくなることがどうしても訪れます。しかし、吸いたい気持ちは1〜3分で終わります。そのちょっとした時間は以下を実行してみましょう。

  • 冷たい水を飲む(かなり効果あり)
  • 歯磨きをする(かなり効果あり)
  • ガムを噛む
  • 飴をなめる
  • 深呼吸をする(簡単で効果あり)
  • 身体を動かす

まとめ

僕も、まだ禁煙して3ヶ月です。でも、ここまで禁煙できたのは初めてなんです。

絶対に禁煙なんてできないと思っていた僕ができたんだから、皆さんもできると思い、記事にしてみました。タイミングです。禁煙したい人はぜひ、参考にしてみてください。

できますよ!!

タバコを禁煙するなら今がチャンス
フォローお願いします