WordPress5にして失敗した!WordPressをダウングレードする方法

WordPressが大幅にバージョンアップされました。WordPress5から「Gutenberg」というエディターが採用されました。(2018年12月7日)

しかし、慣れないと書きにくい!

必死に慣れようと挑戦してみるが、どうしても元に戻したい。と言うあなたのためにWordPressのダウングレードを紹介します。以前のWordPressのバージョンに戻す方法です。

以下の方法で行うと元のバージョンに戻すことができます。

プラグインの停止

まずは、全てのプラグインを停止させます。

全てのプラグインを一括で停止させるため「プラグイン」の横のチェックボックスをチェックします。

その後は、停止を選択して「適用」ボタンを押します。

WordPressをダウングレード

 

WordPressの古いバージョンをダウンロードする

 

公式サイトからダウンロード

ダウングレードしたいバージョンをダウンロードします。

WordPressの古いバージョンをダウンロードするには「公式WordPress.orgサイト 」からダウンロードしてください。

今回は、WordPress5にアップグレードして失敗したことから、WordPress4.9へダウングレードします。

WordPressをダウングレード

ダウンロードしたファイルを解凍

WordPressの圧縮ファイルを解凍します。

解凍すると「WordPress」と言うフォルダができますので、WordPressのフォルダ内にある「wp-content」フォルダを削除してください。

WordPressをダウングレード

wp-content」フォルダは、サーバーにある物を使用するためアップロードする必要がありません。

逆にアップロードすると今までアップしていた画像や写真などのデータが全て消えてしまいます

 

これで、アップロードする準備は整いました。

古いバージョンのWordPressをサーバーへアップロード

 

FTPソフトでサーバーへアクセス

FTPソフトを使ってサーバーへアクセスします。

FTPソフトFileZilla(ファイルジラ)でアクセスした画面で説明します。

  • 左側は「ローカル側」(ご自分のパソコン内)
  • 右側は「サーバー側」

WordPressをダウングレード

サーバー側のフォルダを削除する

FTPでサーバーへアクセスしたら、サーバー側のフォルダを一部削除します。

削除するフォルダは以下です。

  • wp-admin
  • wp-includes

削除するフォルダを間違えないようにしてください。

WordPressをダウングレード

ローカル側からサーバー側へアップロード

先ほど、ローカル側の「wp-content」を削除していますので、その他のファイルをサーバー側へアップロードします。

ローカル側のファイルは全てアップロードします。

WordPressをダウングレード

これでWordPressのダウングレードは完了しました。

データベースの更新

続いてデータベースの更新を行います。

WordPressの管理画面にログインしてください。

ログインすると以下の画面が出ます。

WordPressをダウングレード

「WordPressデータベースを更新」ボタンを押してください。この画面が出ない場合は、更新をする必要はありません。

 

データベースの更新が完了したら以下の画面になります。「続ける」を押してデータベースの更新は完了です。

WordPressをダウングレード

プラグインを有効化

最初にプラグインを停止していましたので、使用していたプラグインを「有効化」します。

プラグインの有効化を忘れると色んな不具合が発生します。

まとめ

WordPress5にバージョンアップしたけど「Gutenberg」というエディターが使いにくい、表示の乱れがある、プラグインとの相性が悪いなど不具合が発生した場合は、ダウングレードしてみましょう。

ダウングレードする前にバックアップを取っておくことをお勧めします。

WordPressをダウングレードする方法-WordPress5にして失敗した!
フォローお願いします