LION MEDIAのカスタマイズ・「IcoMoon」を編集してWebフォントを追加しよう

今回は、LION MEDIAで使用している「IcoMoon」フォントにアイコンを追加する方法を解説します。

LION MEDIAには、デフォルトで16個のアイコンが登録されています。

現在登録されているアイコン 

IcoMoon

これら16個のアイコンに、新たにアイコンを追加していく方法を解説していきます。

LION MEDIAで「IcoMoon」フォントはどこに使われているのか

LION MEDIAの「IcoMoon」フォントは、ブログのタイトル下に使用されています。

その他にも記事のカテゴリーアイコンやタグアイコン、公開日等に使用されています。

IcoMoonフォント

 

参考 LION MEDIAのブログ記事に更新日を表示させるPHPカスタマイズ方法

「IcoMoon」フォントを追加する概要

LION MEDIAの「IcoMoon」フォントに新しくフォントを追加する大まかな手順を説明します。

  1. サーバーから「icomoon.svg」をダウンロード
  2. 「IcoMoon App – Icon Font, SVG, PDF & PNG Generator」へ
  3. icomoon.svgから既存のフォントをインポート
  4. 追加したいフォントを選択
  5. フォントデータをダウンロード
  6. サーバーにアップロード

「IcoMoon」フォントを追加する

それでは、さっそく「IcoMoon」フォントを追加していきましょう。

この記事の通りにすればLION MEDIAのテーマを使っている方は「IcoMoon」フォントを追加できます。

LION MEDIA以外のテーマを使っている方でも同じようにできます。

「icomoon.svg」をダウンロード

「icomoon.svg」をサーバーからダウンロードするには、FTPを使います。

 

FTPソフトでWordPressをインストールしている「fonts」があるディレクトリまで行きます。

「wp-content」-「themes」-「lionmedia」-「fonts」

IcoMoon

※LION BLOGやLION MEDIA以外のテーマをお使いの方は、お使いのテーマでfontsがあるディレクトリまで移動して下さい

fontsの中には4つのファイルが入っています。

IcoMoon

  •  icomoon.eot
  •  icomoon.svg
  •  icomoon.ttf
  •  icomoon.woff

icomoon.svgファイルをご自分のローカルのパソコンへダウンロードして下さい。

「IcoMoon」フォントにアイコンを追加する

まずは、以下のサイトにアクセスして下さい。

IcoMoon App – Icon Font, SVG, PDF & PNG Generator 

IcoMoon App – Icon Font, SVG, PDF & PNG Generatorにアクセスしたら、上の画面になります。

「Import Icons」ボタンを押して先ほどダウンロードした「icomoon.svg」をインポートします。

IcoMoon

 

「The glyphs in your SVG font were loaded.Use this font’s metrics and metadata when exporting fonts?」
SVGフォントのグリフが読み込まれました。
フォントをエクスポートするときは、このフォントのメトリックとメタデータを使用しますか?

以前のデータを使用しますか?と聞いていますので「Yes」をクリックします。

 

「icomoon.svg」に登録されているアイコンが表示されます。

IcoMoon

追加したいアイコンをクリックします。追加したら「selection(1)」になります。

 

IcoMoon

追加が終わったら「font」をクリックします。

ダウンロードボタンがあるので「Download」をクリックします。

ここでは2個追加しています。

 

IcoMoon

ダウンロードした「icomoon.zip」を解答すると、上のファイルが展開されます。

ここで使うのは「fonts」フォルダ内のファイルのみです。

  •  icomoon.eot
  •  icomoon.svg
  •  icomoon.ttf
  •  icomoon.woff

 

サーバーにアップする

「fonts」フォルダに入っていた4つのファイルをサーバー内の元の場所に上書き保存します。

FTPソフトのインストールと使い方は以下を参考にして下さい。

何があるか分かりませんので、上書き保存される前にバックアップを取っておいて下さい。

LION MEDIAにアイコンを追加する

サーバーには「fonts」をアップロードしましたので、次は、WordPressのテーマ「LION MEDIA」にアイコンの情報を追加します。

icon.cssを編集

WordPressのダッシュボードから「外観」→「テーマの編集」へ進みます。

LION MEDIAカスタマイズ! 子テーマの活用

 

編集するテーマを選択で「LION MEDIA」を選んで「選択」をクリックします。

WordPressブログの更新日時を表示させる

「css」→「icon.css」を選択します。

icon.cssのソースコードを見るには右の「+」をクリックしてください
@charset “UTF-8”;

/*アイコンフォント
/************************************************************/

@font-face {
font-family: “icomoon”;
src: url(“../fonts/icomoon.eot?gizg5m”);
src: url(“../fonts/icomoon.eot?gizg5m#iefix”) format(“embedded-opentype”),
url(“../fonts/icomoon.ttf?gizg5m”) format(“truetype”),
url(“../fonts/icomoon.woff?gizg5m”) format(“woff”),
url(“../fonts/icomoon.svg?gizg5m#icomoon”) format(“svg”);
font-weight: normal;
font-style: normal;
}
[class^=”icon-“], [class*=” icon-“] {
font-family: “icomoon”;
speak: none;
font-style: normal;
font-weight: normal;
font-variant: normal;
text-transform: none;
-webkit-font-smoothing: antialiased;
-moz-osx-font-smoothing: grayscale;
}
.icon-close:before {content:”\e90e”;}
.icon-menu:before {content:”\e90f”;}
.icon-instagram:before {content:”\e90d”;}
.icon-hatebu:before {content:”\e90c”;}
.icon-quotation:before {content:”\e909″;}
.icon-line:before {content:”\e90a”;}
.icon-pocket:before {content:”\e90b”;}
.icon-calendar:before {content:”\e900″;}
.icon-facebook:before {content:”\e901″;}
.icon-folder:before {content:”\e902″;}
.icon-google:before {content:”\e903″;}
.icon-home:before {content:”\e904″;}
.icon-rss:before {content:”\e905″;}
.icon-search:before {content:”\e906″;}
.icon-tag:before {content:”\e907″;}
.icon-twitter:before {content:”\e908″;}
.icon-loop2:before {content:”\ea2e”;} /* 2018.03.26追加 */

icon.cssの最後に追加しています。

追加する1行は以下になります。

.icon-loop2:before {content:"\ea2e";}

追加する場合は、以下を参照します。

IcoMoon

  • .icon-loop2:before {content:”\ea2e“;}
  • .icon-*****:before : loop2を入力する
  • content:”*****“;  : \ea2eを入力する

「icon.css」に追加したら「ファイルを更新」をクリックします。

ブログの更新日を表示させたい場合は、以下を参考にしてください

参考 LION MEDIAのブログ記事に更新日を表示させるPHPカスタマイズ方法

まとめ

「IcoMoon」は画像より軽いので早く表示されます。また、拡大しても画像ではなくフォントなのでキレイに表示されます。

使いたいフォントがあれば、画像より「IcoMoon」を使うことをお薦めします。

使うか使わないかは人それぞれですし、好みもありますので「IcoMoon」を使いたい場合は、この記事を参考にして下さい。

LION MEDIAのカスタマイズ・「IcoMoon」を編集してWebフォントを追加しよう
フォローお願いします